『第18回 国際太陽光発電展 PV EXPO 春』に出展いたします

弊社は、2024年2月28日(水)~3月1日(金)に東京ビックサイトで開催される『第18回 国際太陽光発電展 PV EXPO 春』に出展いたします。

太陽電池モジュール・ソーラーカーポートを取扱っており、住宅~公共・産業用に多種多様なラインナップを揃えています。
前後支持構造のスカイポートシリーズ、後方支持構造のエネスタンドシリーズそれぞれに新製品を追加。

弊社のソーラーカーポートの特長としては、両面発電ソーラーパネルによって搭載積載量が国内最大級かつ、システム費用となるKW単価のミニマム化、低コスト施工が可能の設計等、販売、施工店様からのご助言を元に設計開発がされております。
主力製品は8種類のブランドあり、全てがアルミで設計されているため軽く高耐久。また、縦列駐車場用タイプもご用意しております。

多様な現場の要望に合わせた設計も得意としており、設計から製造まで一貫して行っているのでユーザー様の様々な要望に合わせたカスタムが可能。
スチール製カーポートの開発もオーダーメイドにて対応可能でございます。ソーラーカーポートに関する補助金の申請や建築確認申請などの手続き等もサポートしています。

ご来場の際は、ぜひ弊社のブースまでお越しください。

【展示会概要】

展示会名:第18回 国際太陽光発電展 PV EXPO 春
日時  :2024年2月28日(水)~3月1日(金)10:00~17:00
場所  :東京ビックサイト PV EXPO内 東3ホール
ブース :E21-30
→交通アクセスはこちら
りんかい線「国際展示場駅」より徒歩約7分
ゆりかもめ「東京ビッグサイト駅」より徒歩約3分
出展製品:カーポート『エネスタンド EST-NJ8』など
※展示内容に関しては変更になる可能性があります。

【製品一覧】

■カーポート エネスタンド EST-NJ8
建築確認申請不要で、コンパクト設計&スマートデザインで、幅広い設置条件に対応の片足型のカーポート
■公共・産業向けソーラーカーポート TEO(テオ)
施工性に拘った高機能レールを搭載することで、ソーラーパネルの裏留め、排水レール、背面ルーフ取付と3つの機能を1つのレールで実現可能。
大規模な条件下においても安全かつスムーズに設置工事を進めることができる
■住宅向けソーラーカーポート GULAN(グラン)
製品の美観や防火性を追求し、V2Hや蓄電池などと連携することで、つくったエネルギーをためて、家庭でつかったり、EV・PHEVの充電も可能
■公共・産業向け VERGA(ヴェルガー)
アルミ製後方支柱ソーラーカーポートで、アルミ製品の為、スチール製に比べ施工時の基礎が小さくすみ、組み立て易い
■ソーラー通路シェルター LAPOLE(ラポール)
商業施設、公共施設などの通路シェルターにソーラー発電を搭載することで脱炭素社会の実現にも貢献 ■カーポート・サイクルポート ENES BS/BS(エネス)
新登場となる後方支持構造の自動車や自転車用ソーラーポート。搭載容量別に2タイプをご用意

ページの上にスライドする