リース・保険スカイジャパンのリース・保険事業についての紹介

事業概要

資産流動化ビジネス、ファンドの運営管理、販売業務、M&A、リース事業、保険関連事業への投資を行います。
リース部門では、自社所有の航空機を海外の航空会社にリースする航空機リース事業に着手。世界の航空機需要は、アジアを中心とする新興国の成長に伴う旅客、輸送量の増加を背景に、今後拡大が見込まれています。
また、保険関連事業に関するニーズは非常に高く、企業・事業者向けの商品を多数取りそろえ、ビジネスシーンに応じた補償と充実したサービスを提供できるよう計画的に保険事業を推進しています。

事業背景

情報化社会が発達した今日、企業経営を取り巻くリスクは以前にも増して重要なものとなっています。火災や地震、損害賠償責任から、情報社会における個人情報の漏えいまで、企業経営を取り巻くリスクは多岐にわたるといえるでしょう。起こり得るリスクに対して損害保険、生命保険の両面でバックアップしていくことは、安心安全な社会の実現に直結するものと考えています。
また、グローバルな情報や経済関係の結びつきが強まる中、企業価値の創造に努める必要性が以前にも増して高まりつつあります。政治、エネルギーなどの分野で不確実性が増している現状を鑑みると、企業が継続して繁栄するためには、マクロ経済を基軸としたシナリオ分析と、事業戦略の評価、リスクの計測が不可欠な要素となります。

ビジネス分野

リース

航空機、複合機、情報通信機器、家具、工場などの生産設備、建設機械などがあります。

保険

火災保険、賠償保険、傷害保険などを主体とする法人向け損害保険。定期保険、養老保険、終身保険をはじめとした生命保険があります。

ページの上にスライドする